あの名作はここで生まれた!>旅館の名前をも変えた!尾崎紅葉が「金色夜叉」を執筆した塩原温泉郷

旅館の名前をも変えた!尾崎紅葉が「金色夜叉」を執筆した塩原温泉郷

「一村十二戸、温泉は五箇所に湧きて、五軒の宿あり。
ここに清琴楼と呼べるは、南に方りて箒川の緩く廻れる磧に臨み、
附しては、水石の凛々たるを弄び、仰げば西に、富士、喜十六の翠巒と対して
清風座に満ち、ねりぎぬを垂れたる如き吉井滝あり。」
尾崎紅葉「金色夜叉」より

明治32年、ひと月余りを尾崎紅葉は塩原温泉郷にある畑下温泉の
「佐野屋旅館」に滞在し、新聞に連載されていた
「金色夜叉」続々編を執筆していたそうです。
旅館側は、紅葉の事を知らず、新聞の連載を読んだ旅館の主人が
小説に出てくる「清琴楼」が自分の宿であることに気づき、
宿の名前を「佐野屋旅館」から「清琴楼」に変えたんだそうです。
「清琴楼」本館には、今もなお「紅葉の間」として、宿泊はできませんが
当時の名残を感じる事が出来ますので是非訪れてみて下さい。

塩原温泉郷のある古町温泉では、国木田独歩が結婚をし
その喜びを「欺かざるの記」で記しています。
多くの文人に愛された塩原温泉の魅力は次回で。

あの名作はここで生まれた!

トップページ
阿寒湖温泉を切なく愛した渡辺淳一
癒しの元祖!阿寒湖温泉といえばやっぱり○○○^^みんなで飼いましょう!
原田康子が舞台のクライマックスに選んだ道東屈指の名湯「川湯温泉」
摩周湖と屈斜路湖に挟まれた情緒あふれる川湯温泉
ニセコ温泉郷を舞台に人類の起源と人間の宿命を著した有島武郎
大自然に抱かれて時間を忘れさせてくれる仙人の町ニセコ温泉郷
猿が見つけた花巻温泉。そこを愛したのは宮沢賢治だけではないんです。
良き古さと、近代の融合!わんこそば発祥の地「花巻温泉郷」
武者小路実篤が戦時中、執筆に励んだ秋の宮温泉郷
俗化しないひなびた風情が多くの文豪に愛された秋の宮温泉郷
「蝉しぐれ」で湯野浜温泉を青年の苦悩と恋の物語の舞台に選んだ藤沢周平
絶景!日本海に沈む夕日を見ながら温泉を楽しめる湯野浜温泉
高村光太郎が智恵子と供に愛した土湯温泉・不動湯温泉
花咲き乱れる中に佇む「土湯温泉」と奥土湯の秘湯「不動湯温泉」
旅館の名前をも変えた!尾崎紅葉が「金色夜叉」を執筆した塩原温泉郷
明治大正の文人たちも心ふるわせ愛してやまなかった塩原温泉郷
詩歌の歴史に偉大な足跡を刻んだ萩原朔太郎も愛した草津温泉
東の横綱「草津温泉」ほんとに良いとこ一度は行きましょう!
晩年20年を湯河原温泉に居を移した山本有三
万葉集にも詠まれた由緒ある名湯「湯河原温泉」
湯田中温泉で一茶の名を世に知らしめた自由律俳人萩原井泉水
古くから多くの文豪俳人に愛された湯田中渋温泉郷
太宰治が妻を愛したからこそ湯村温泉で過ごした新婚生活
弘法大師や武田信玄等多くの伝説が残る湯村温泉
医学者であり詩人であり戯曲家でもある木下杢太郎が愛した赤倉温泉
皇族をはじめ多くの文人墨客に愛された避暑地赤倉温泉
中里介山が名付けたといっても過言ではない長野の秘湯白骨温泉
静かな山間の温泉地白骨温泉は古き良き日本のふるさと
新田次郎の愛した噴火が生んだ洞爺湖温泉
丹波文雄の小説「晩秋」の舞台にもなった支笏湖畔の温泉宿
童話作家深澤要が本業よりものめり込んだアルものがある鳴子温泉

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system