あの名作はここで生まれた!>湯田中温泉で一茶の名を世に知らしめた自由律俳人萩原井泉水

湯田中温泉で一茶の名を世に知らしめた自由律俳人萩原井泉水

「私は信州湯田中なる湯本五郎治氏方で蔵書をいろいろ見せて貰った時
『増補奇人俳士年表』(文政2年)といふ折本の表紙題箋の側に
一茶という小さな印が捺してあるのが、不図目につき、
展げて見ると、一茶が所持していたもので・・・」
萩原井泉水「一茶の業績」より

萩原井泉水は大正6年に逗留した湯田中温泉で、
小林一茶の草稿や俳画を見て、その素晴らしさに開眼し、
一茶研究に打ち込んだそうです。
いまでこそ一茶は、松尾芭蕉や与謝蕪村などと並んで、
知らない人がいないほど知名度の高い俳人ですが、
萩原井泉水が湯田中温泉で見出すまでは、正岡子規など
ごく一部の具眼の士が認めていただけの無名の存在だったんだそうです。
その才能を見出し「芭蕉と一茶」や「一茶随想」などの執筆により
世に一茶の名を広めたのが萩原井泉水でした。

彼は中学の頃から俳句を作りはじめ、
1911年に俳句機関紙「層雲」を主宰します。
翌年には俳句といえば季語という枠を超え無季自由律俳句を提唱しました。
層雲同人のひとりに、同じく湯田中温泉を愛した種田山頭火がいました。

多くの俳人に愛され、様々な形で句中に登場する湯田中温泉。
ぜひ一度訪れ、一句詠んでみて下さい。

あの名作はここで生まれた!

トップページ
阿寒湖温泉を切なく愛した渡辺淳一
癒しの元祖!阿寒湖温泉といえばやっぱり○○○^^みんなで飼いましょう!
原田康子が舞台のクライマックスに選んだ道東屈指の名湯「川湯温泉」
摩周湖と屈斜路湖に挟まれた情緒あふれる川湯温泉
ニセコ温泉郷を舞台に人類の起源と人間の宿命を著した有島武郎
大自然に抱かれて時間を忘れさせてくれる仙人の町ニセコ温泉郷
猿が見つけた花巻温泉。そこを愛したのは宮沢賢治だけではないんです。
良き古さと、近代の融合!わんこそば発祥の地「花巻温泉郷」
武者小路実篤が戦時中、執筆に励んだ秋の宮温泉郷
俗化しないひなびた風情が多くの文豪に愛された秋の宮温泉郷
「蝉しぐれ」で湯野浜温泉を青年の苦悩と恋の物語の舞台に選んだ藤沢周平
絶景!日本海に沈む夕日を見ながら温泉を楽しめる湯野浜温泉
高村光太郎が智恵子と供に愛した土湯温泉・不動湯温泉
花咲き乱れる中に佇む「土湯温泉」と奥土湯の秘湯「不動湯温泉」
旅館の名前をも変えた!尾崎紅葉が「金色夜叉」を執筆した塩原温泉郷
明治大正の文人たちも心ふるわせ愛してやまなかった塩原温泉郷
詩歌の歴史に偉大な足跡を刻んだ萩原朔太郎も愛した草津温泉
東の横綱「草津温泉」ほんとに良いとこ一度は行きましょう!
晩年20年を湯河原温泉に居を移した山本有三
万葉集にも詠まれた由緒ある名湯「湯河原温泉」
湯田中温泉で一茶の名を世に知らしめた自由律俳人萩原井泉水
古くから多くの文豪俳人に愛された湯田中渋温泉郷
太宰治が妻を愛したからこそ湯村温泉で過ごした新婚生活
弘法大師や武田信玄等多くの伝説が残る湯村温泉
医学者であり詩人であり戯曲家でもある木下杢太郎が愛した赤倉温泉
皇族をはじめ多くの文人墨客に愛された避暑地赤倉温泉
中里介山が名付けたといっても過言ではない長野の秘湯白骨温泉
静かな山間の温泉地白骨温泉は古き良き日本のふるさと
新田次郎の愛した噴火が生んだ洞爺湖温泉
丹波文雄の小説「晩秋」の舞台にもなった支笏湖畔の温泉宿
童話作家深澤要が本業よりものめり込んだアルものがある鳴子温泉

その他

リンク募集中

inserted by FC2 system